» 美容のブログ記事

馬油って使っている方は多いのではないでしょうか。
やはりアトピーとか皮膚炎に効果的で無添加なので、安心ですよね。

冬は特に寒さと空気の乾燥のダブルパンチで肌が乾きやすくなります。

年齢とともに肌の水分保持力は低下し、皮脂の量も減ってきてしまうので、季節的な要因に加えて老化という要因も加わるとさらに肌は乾きやすくなって、 カサつきやツッパリ感だけでなく、かゆくて仕方ないといった状態に陥ってしまうことも多いです。

こうした肌の乾燥にも馬油は効果的です。

オイルはよく保湿剤として利用されますよね。代表的なものはワセリンがあります。ワセリンは肌表面に油膜を作って肌内部からの水分蒸散を防ぐという効果がありますが、 肌内部に浸透するということはありません。

それと比べると、馬油は油膜をつくって乾燥を防ぐだけでなく、肌内部の角質層にまで浸透して、馬油に含まれるさまざまな有効成分を肌に与えられる効果があります。 炎症を鎮めたり、新陳代謝を促進したり、血行促進が期待できるのはご承知のとおりです。

馬油ならではの保湿効果があるんですね。

とにかく全身どこにでも使えますし、米粒大くらいの少量で、顔全体が保湿できるぐらいですからコストパフォーマンスも抜群です。
とくに炎症をおこしてかゆみがあるような乾燥肌とは相性が非常によくて、馬油を塗ることで、気になっていたかゆみや赤み、肌表面のザラザラが落ち着きます。

美肌になるためには毛穴の汚れをどうにかしたいと思う方も多いと思いますが、ごくやわ洗顔ブラシとは一体どのようなものなのでしょうか?
こちらでその特徴について紹介していきます。

使い始めてから毛穴が小さくなった、との声も多くあります。顔や体に使える大きいものと、小鼻専用の細いブラシの2種類で展開。
ブラシの毛並みがとっても柔らかいのが特徴です。お肌の汚れを落としつつ、傷つけにくい極細ブラシになっています。お肌に適度な刺激を与えることで、血行も良くなりそうです。
小鼻の黒ずみケアに効果的な細いブラシはなんと100円。使い分ければよりツルツルな美肌効果が期待できそうです!

顔全体をぬるま湯で洗い、いつも使っている洗顔フォームをよく泡立ててから顔全体になじませます。ブラシは円を描くように、くるくるとマッサージ。やわらかいブラシが心地よい刺激に。
パッケージには『毎日』と書いてありますが、裏の説明書きには『週2~3回が目安』と記載されてるので注意。敏感肌の人なら週1回のスペシャルケアとしての使用が好ましいでしょう。

同じくダイソーで買えるヒット商品『ほいっぷるん』。こちらは少し洗顔料でも“もこもこな泡”が作れる優秀アイテムです。きめ細かな泡は毛穴汚れを落とすのに効果的ですよね。一緒に使えば、より美しいお肌へ。

ヨガってやはりかなり美容と健康に良いとされていますが、ヨガの頻度ってどのくらいが良いのでしょうか?
こちらでおすすめの頻度について紹介していきたいと思います。

ヨガは即効性があるものではなく、継続して行うことでより効果を感じることができるものです。「まずは週に1度から」、など曜日を決めて身体を慣らしていきましょう。
続けていくと、全身がほぐれていく気持ちよさがクセになってきます。

また、日に日に体調の改善が見られる喜びも感じることができます。ヨガを継続するポイントは「明日の朝は大事なプレゼンがあるのでぐっすり眠れるようにしておこう」や「あの人から見て魅力的な自分として映るようにあと3キロ痩せよう」など明確な目標を決めて取り組むことです。実生活の願望の中にヨガを落とし込み、行っていけば、楽しみながら続けていけるはずです。

また、ヨガには様々なポーズがありますが、人によって「これが一番気持ちいい」と感じるポーズがちがいます。その日の体調に合わせたポーズをカスタマイズしながら、自分で自分をメンテナンスできる力が付くのもヨガのひとつの楽しみであり、醍醐味なのです。

そして、なんと言ってもヨガで正しいポーズを身に着け効果を体感する早道は、プロのインストラクターに学ぶこと。
勿論、現在はヨガのDVDや書籍も多く販売されているので、独学でもヨガを始めることは可能です。

大人になってもニキビができてしまうことって多いと思います。
でもそれには理由があって、やはりストレスが大きな原因になっていることが多いそうです。

ストレスがたまると、“アンドロゲン”という男性ホルモンが増えます。
“男性ホルモン”といっても、女性にもあります。“男性”ホルモンが原因であるため、男性のひげが生える部分、つまり口の周りやフェイスラインにニキビができてしまうというわけなんです。

その他だと、おでこにもできることがありますが、これは睡眠不足で発生することが多いですね。
頬やコメカミにできる場合は、成長期にともなう“青春ニキビ”の可能性が高いですね。

しかし、青春ニキビだろうが、ストレスニキビだろうが、睡眠不足ニキビだろうが、ほっておくとシミを残したり、クレーターを作ってしまい、肌の老化を進行させてしまうことにはちがいはありません。
ニキビの周りには、老化の原因物質である“活性酸素”がたくさん発生するからです。

ニキビは皮膚科で治療しますが、処方薬では治りにくい場合があります。
その際には、美容皮膚科などで『ビタミン誘導体』と『ケミカルピーリング剤』を使って治療していきます。
保険がきかないためコストが大きいのがちょっと難点ですが、非常に効果があります。
家庭用のものもありますので、使ってみるといいでしょう。
年齢に関係なく、ニキビが発生したらなるべく早く治すことが大切です。

泥パックってすごく美肌に良いとされていますが、敏感肌には使わないほうが良いのでしょうか?
こちらでは泥パックと敏感肌の関係について紹介したいと思います。

実際に敏感肌での泥パックは、強い刺激を感じる方もいるようです。
でも、天然の泥の力を利用した泥パックは、きちんと選べば敏感肌でも安心して優しくスキンケアすることができるんです!

クレイはホワイト系やピンク系だとミネラルの含有量が他に比べて少なめで、効果もマイルドなので敏感肌ではおすすめのカラーです。

クレイの種類には、刺激が強いものもありますが、低刺激なものにはカオリンホワイト、カオリンピンク、フレンチクレイホワイトがあって、敏感肌で泥パックするのにはおすすめです。

もちろん、使う前にパッチテストで安全を確認してから使ってくださいね。

泥パックが難しい場合でも、敏感肌では精製水にクレイを溶かしたクレイウォーターにして化粧水として使ったりするのも更に効果がマイルドで肌への負担も少なくスキンケアができるのでおすすめです。

それでも不安な場合は、専門家のアドバイスを受けて自分の肌に合うクレイを選んでもらうこともできますよ。