» 美容のブログ記事

美白になりたいと願う女子はとても多いと思いますが、なかなかキレイになるには時間もお金もかかるもの。
しかし、美白を叶えてくれる美容液を使えば、知らず知らずのうちにキレイになれてしまうんですよ!

メラノcc
「メラノCC」はシミとニキビの両方に効いてくれる優れもの。
ニキビ跡にも効果的なので、これ一本で肌荒れ対策もできてしまうんです。
オイルのようなテクスチャで伸びも良く、使いやすさもバツグン。
ドラックストアで購入できるプチプラ価格なのも試しやすいですよね。

ちふれ
ビタミンC誘導体、アルブチンなどの美白成分が配合された、ちふれの美白美容液W。
保湿力も高いため、乾燥も気になる!という方にもおすすめです。
こちらもプチプラ価格なのでケチらずたっぷり使うことができますね。

HAKU
ライン使いはできなくても美白美容液くらいなら!
HAKUメラノフォーカスはこっくりとした乳液のようなテクスチャの美容液。
しっかりと保湿もしてくれる、この季節にもぴったりな優秀美白アイテムです。

もうすでにシミができちゃってる…なんて場合には重ねづけをしてみましょう。
お肌全体にハンドプレスで美白美容液を浸透させたあと、気になる部分に再度ちょんちょんと塗っていきます。

血液クレンジングって今ものすごく話題になっていますよね。
でも本当に効果があるのか気になるところ。
こちらでは血液クレンジングの具体的な効果について紹介したいと思います。

クレンジング後、びっくりするほどポカポカに。
さっきまで冷えていたはずの身体が足の指先まで温かくなったのです。
先生によると、これは脳の隅々から指先の末端まで浄化血液が行き渡ったときの感覚なのだそう。
筆者の場合は、クレンジングから3日たったときからの方がより効果を感じました。
まず、冷え症だったはずの身体が、冷えを感じません。周りの方からも「顔色がいいね」と言われたのには、さすがにびっくり。
肌の調子もよく、素肌がつやつやになりました。
少し困ることと言えば、代謝がいいためか、食べてもすぐにお腹が減るということです。
ただ、運動をするとその効果が出やすく、ダイエットには最適だと感じます。
ただ、血液クレンジングの効果は人それぞれ感じ方が違うようです。
中には、癌治療と並行してクレンジングを行い、癌が治ったという方もいらっしゃるそう。
反対に、普段からたばこやアルコールを大量に摂取している人や、不健康な食生活を送っている人の場合、一度、血液クレンジングを受けても体質改善される可能性は少ないとのことです。

産後のママってやっぱりちょっとダイエットをしないとって焦っている方も多いですよね。
私も産後になってかなり太ってしまったので、どうにかしないとって思います。
こちらでは忙しいママにおすすめの体操を紹介します。

腰を回す

骨盤のゆがみをチェックできる体操です。回すときに違和感がある方向が、ゆがみが大きい状態です。
急に勢いよく回さず、ゆっくり腰を回すのがポイントです。

1. 足を肩幅の広さまで開き、顔や体をまっすぐに向ける
2. 手は腰に当てて左方向に2~3回大きく回す
3. 同様に右方向に2~3回大きく回す

骨盤を押し込む

腰の両側にある突起部分(腸骨の先端部分)を、内側に押し込む運動です。
「腰を回す」運動とセットで行うと、より効果的。左右それぞれ行いましょう。

1. 太ももの上あたりにある骨盤の出っ張りを探す
2. まっすぐ立ち、骨盤を右方向に押し込む
3. 同様に、骨盤を左方向に押し込む

座って体をひねる

座るときは床にお尻の骨をつけて骨盤を立たせ、両足をひらいて体を左右にひねります。
ひねったときに違和感があると、骨盤がゆがんでいる状態です。
ひねるときにお尻を浮かさないよう注意しましょう。

1. 両足を開き気味に伸ばして座る
2. 左手をお尻のうしろに置き、右手は股の間に置く
3. 体を左側にひねる
4. ひねった状態で右手を左手の上に置く(両手がお尻のうしろで重なった状態)
5. 息を吸いながら元の位置に体を戻す
6. 3~5の動作を逆方向に行う

これからの時期、特に乾燥してきますが、やはり乾燥してきたら困るのがお肌の手入れ。
そこで、こちらでは乾燥肌に良いとされている食べ物をいくつか紹介したいと思います。

アボカド
「森のバター」と呼ばれるほど脂質が豊富で、なかでも不飽和脂肪酸のオレイン酸が多く含まれています。ほかにも、セラミドの生成に携わるリノール酸やリノレン酸も含まれており、これらの脂質が角質層を保護して乾燥肌を予防してくれます。
また、肌荒れや乾燥肌を防ぐビタミンA、乾燥肌から生じるシワを予防するビタミンC、肌細胞の新陳代謝を促し乾燥を防ぐビタミンB2やビタミンEなど、お肌に必要な栄養がバランス良く含まれているのです。

納豆
納豆の代表的な成分でもある大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることでコラーゲンの生成を助けるため、肌の乾燥を防ぐことにもつながります。
また、肌の潤いを保ってくれるタンパク質をはじめ、ビタミンB2、ビタミンE、肌の新陳代謝を活発にして皮膚を健康に保つ亜鉛などもしっかり含まれています。

アーモンド
アーモンドは非常に栄養価が高く、昨今注目を集めています。
ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれているのですが、なかでも抗酸化力の高いビタミンEが豊富に含まれています。
また、アーモンドには乾燥から肌を守るオレイン酸が70%も含まれています。

年齢肌を感じさせてしまう原因の一つに、ほうれい線があります。
ほうれい線ができてしまうと、どうしても年齢よりも老けて見えてしまうのが困りますよね。
そこで、こちらではほうれい線のケアについて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ほうれい線は加齢だけでなく、乾燥や紫外線、ストレスや睡眠不足なども原因のひとつ。
敏感肌の人も健康的な肌の人に比べ「ほうれい線」ができやすいと言われています。

敏感肌は、健康な肌の人よりも外部の刺激をダイレクトに受けやすく、ハリ・弾力の元となるコラーゲンが破壊され、「ほうれい線」ができやすくなっているのです。
敏感肌は、なんと!11歳も老けて見えるとか…くっきり深いほうれい線になる前になんとかしたいですよね。

老けて見えてしまうほうれい線の悩みが解決できると、11月のリニューアル発売前から雑誌やインスタで話題のコスメ「アヤナス」。
有名美容コーディネーターや美容ジャーナリストのお墨付きだから、その実力は確かなもの。

ストレスで肌が老けてしまうって知っていますか?
ディセンシア「アヤナス」では独自成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合し、ストレスによる肌荒れをケアしてくれるんです。

また、特許技術のヴァイタサイクルヴェール®が外部刺激をブロック、潤いを閉じ込め水分を逃しません。
さらに!コラーゲン生成を170%もアップするオリジナル成分も配合。
気になるほうれい線やシワにもしっかりアプローチできちゃうんですよ。